→
←
セミナー情報     Seminar Infomation
◇ 次回開催予定のパワーエレクトロニクスセミナー
タイトル
※弊社では今まで若手の先生方をセミナー講師として招聘していましたが、プロフェッショナル枠を追加して、ベテランの先生方も講師として招聘することに致しました。
開催日時
2017年7月28日(金) 13:00~17:00
講師
株式会社エヌソリューション(NSOLUTION) 社長 間瀬 勝好 氏
会場
横浜西口KNビル9階 会議室 (神奈川県横浜市西区北幸2-8-4)[MAP]
参加費
1名 29,800円     1口 39,800円(3名まで受講可能)
セミナー概要
従来パワーデバイス用の半導体は、シリコン(Si)を中心に航空宇宙機器、産業機器、家電民生機器ならびに運輸機器へ導入されてきました。近年、装置の電力損失低減、ひいては小型軽量化や薄型化の実現に向けて、SiCパワーデバイスが検討されており、特定の産業分野ではすでにその応用が進んでいます。
本セミナーでは、SiCパワーデバイス応用を特定分野に限定することなく、汎用のモータ駆動に適用するため、まずSiとSiCの相違、MOSFET、IGBT、及びSiC MOSFETの違いを基礎から理解します。その後、最近弊社が開発したSiCインバータを実用例として、SiC MOSFETの駆動方法およびインバータ装置の評価方法を習得し、受講者自らオリジナルのインバータ装置を開発する手助けとなる事を目的とします。
ご略歴
1973年 名古屋工業大学電気工学科卒業後、東京芝浦電気株式会社へ入社
2003年 東芝ディスクリートテクノロジー株式会社に出向し、パワー半導体の拡販に従事
2011年 定年退職後、三菱電機株式会社へ入社
2016年 株式会社エヌソリューション(N SOLUTION)設立。社長就任。現在に至る
プログラム
- 第1部 - 半導体の基礎
1.ロジック回路      ロジック回路をMOSFETで表現し、動作を理解
2.MOSFETの構造      ロジック回路のMOSFETとスイッチング用高耐圧MOSFETの違いを解説
3.SiとSiCの違い      物性の相違がスイッチング素子の特性に与える影響を解説
4.MOSFETの応用回路      スイッチングレギュレータ、昇圧・降圧コンバータの動作を理解
5.降圧コンバータの駆動回路      降圧コンバータに適用される3種類のドライブ回路の特徴を解説
- 第2部 - インバータ回路
1.回路動作
2.MOSFET、IGBT、SiC MOSFETの違い
3.SiC MOSFETのゲート駆動条件
- 第3部 - SiCインバータ
1.動作回路説明      スイッチング時の電流通路を明確化し、MOSFET、IGBT、SiC MOSFETの違いを理解
2.LavVIEWによるダブルパルス発生回路      PCで作成したダブルパルス発生回路の一例をご紹介
3.スイッチング特性評価      スイッチング特性を評価する場合の注意点について
4.損失の計算      正弦波PWMを使用した場合の損失計算方法を解説
- 第4部 - インバータの保護
1.LabVIEWによる休止期間設定回路      PCで作成した休止期間付のダブルパルス発生回路の一例をご紹介
2.過電圧保護      回路例と動作原理をご紹介
3.過電流保護      回路例と動作原理をご紹介
4.短絡電流保護      回路例と動作原理をご紹介
【16:40~】
5. 質疑応答とお菓子を含めた名刺交換会
2017年7月21日
セミナー情報を更新しました
  2017年10月27日に行われるセミナー情報を追加しました。 「スイッチング電源回路基板のノイズ解析技術」を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。 皆さまのご参加お待ちしております。
2017年7月12日
コンソーシアム情報を更新しました
  今後の電源業界の活性化に向けて、パワエレアカデミーでは電源コンソーシアムを立ち上げました。 詳しくはこちらをご覧ください。 皆さまのご参加お待ちしております。
2017年5月16日
プロフェッショナル枠の追加
  弊社では今まで若手の先生方をセミナー講師として招聘していましたが、プロフェッショナル枠を追加して、ベテランの先生方も講師として招聘することに致しました。 プロフェッショナル枠第1回はこちらをご覧ください。
2017年5月16日
セミナー情報を更新しました
  2017年7月28日に行われるセミナー情報を追加しました。 「基礎から学ぶSiC/MOSFETの駆動手法と応用 ~インバータの開発例とともに~」を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。
2017年3月6日
セミナー情報を更新しました
  2017年5月26日に行われるセミナー情報を追加しました。 「SiC/GaN/MOSFETデバイスの評価方法(プロービング技術とその効用)」を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。
2017年1月23日
セミナー情報を更新しました
  2017年3月3日に行われるセミナー情報を追加しました。 「パワーエレクトロニクス回路と磁気回路の連成解析を可能とするシミュレーション技術の活用術」を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。
2017年1月1日
ホームページ更新しました
  新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年12月2日
セミナー情報を更新しました
  2017年1月20日に行われるセミナー情報を追加しました。 「高周波電力変換回路と高周波電圧・電流測定技術の実例」を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。
コンソーシアム情報     Consortium Infomation
◇ 次回開催予定のコンソーシアムご案内
タイトル
開催日時
2017年8月10日(木) 13:00~17:00
会場
横浜ハロー貸会議室 (神奈川県横浜市西区南幸2-17-18)[MAP]
参加費
1名 5,000円
開催目的
近年、アジア諸国(中国、台湾や韓国など)が生産能力だけではなく技術力も向上させており、日本を取り巻く環境は刻一刻と厳しくなっている。特に電源分野ではその技術が一般化しつつあり、国外電源メーカに対する国内電源メーカの優位性が薄れている。さらに、日本は設計や評価リードタイムの短縮化、電源老朽化のメンテナンス、電源設計者の高齢化と減少のため、電源技術や生産能力向上にリソースを割く時間が減少し、年々その競争力を失いつつある。
そこで、当該コンソーシアムでは今後の日本産業用電源メーカの在り方について議論を行い、電源業界の新しい「カタチ」を模索する。
プログラム
- 第1部 - 講演
1.産業用電源の未来へ向けた産学連携の役割 -最先端技術の在り方と大学の立ち位置-
     講師: 岡山大学大学院 博士(人間・環境学)・博士(工学) 梅谷 和弘 助教
2.少量多品種化が進む製造業のビジネスモデル -オープン・クローズ戦略の使い方-
     講師: ストラテック株式会社 代表取締役 宇崎 勝 氏
- 第2部 - パネルディスカッション
テーマ「日本産業用電源メーカの在り方と今後」
コンソーシアム終了後、当日は懇親会を予定しております(ただし、懇親会費別途5,000円)。
皆様のご出席お待ちしております。