→
←
セミナー情報     Seminar Infomation
◇ 次回開催予定のパワーエレクトロニクスセミナー
タイトル
開催日時
2017年3月3日(金) 10:00~17:00
講師
九州大学大学院 システム情報科学研究院 電気システム工学部門 助教
博士(工学) 今岡 淳先生
会場
横浜西口KNビル9階 会議室 (神奈川県横浜市西区北幸2-8-4)[MAP]
参加費
1名 39,800円     1口 49,800円(3名まで受講可能)
セミナー概要
車載用・情報通信機器など移動体に搭載されるパワーエレクトロニクス機器は、高効率・小型軽量が求められます。本セミナーでは特に、 電力変換器の中でも重量物で大きな体積割合を占めがちなインダクタやトランスなどの設計技術とそのシミュレーション技術について御紹介いたします。
第一部では、基本的なパワーエレクトロニクス分野の技術的背景から述べ、その後、磁気回路の基本的な理論を御紹介いたします。 インダクタ(昇圧チョッパ回路を想定)の設計演習を実施いたします。ご参加いただいた皆様、一人ひとりが概念を吸収していただけるように尽力いたします。
第二部では、第一部で得た基本的な理論をベースとして、応用設計技術について述べます。まず、実際に実施する内容としては、電気回路と磁気回路の連成解析が可能なシミュレータ(PLECS)を用いて、磁性材料の特性(直流重畳特性など)などを反映させたシミュレーション評価方法や設計手法を述べます。(なお、シミュレーションソフトはフリー版を活用いたします)。また、これに加えて車載用電源の小型化に効果的な多相並列化(インターリーブ化)させた場合のインダクタの小型軽量化を実現できる設計手法についても述べ、実験結果とシミュレーション比較を実施いたします。
対象者
・若手技術者, 基礎から磁気部品のことを復習したい方
ご略歴
九州大学大学院 システム情報科学研究院 電気システム工学部門 助教
2013年3月 島根大学大学院 総合理工学研究科 博士前期課程 修了
2013年4月 島根大学大学院 総合理工学研究科 博士後期課程 入学
2013年5月 島根大学発ベンチャー企業((株)パワエレアカデミー)に入社
電源の試作設計・EMIノイズ評価・教育・地域振興の事業に従事
2014年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)着任
2015年9月 島根大学大学院 総合理工学研究科 博士後期課程 修了
2015年10月 九州大学大学院 システム情報科学研究院 助教,現在に至る。
パワーエレクトロニクス回路の高電力密度化,トランスやインダクタなどの磁気部品の小型・高効率化,
ソフトスイッチング技術, スイッチング電源のEMC, 制御設計に関わる研究に従事。博士(工学)。
『電気学会 新材料パワー半導体の変換器応用に関する技術協同研究委員会 委員』
プログラム
-第1部 インダクタやトランスの基礎-
【10:00~12:00】
1.高電力密度化が必要な技術的な領域と磁気部品の重要性
2.磁気回路の基本的な考え方とトランス・インダクタの基本
3.具体的なインダクタの設計演習(実際に一緒に設計をしていきます)
-第2部 第1部の内容を応用した設計手法とシミュレーション評価-
【13:00~16:40】
1.パワーエレクトロニクス回路と磁気回路の連成シミュレーション評価
2.パワーエレクトロニクス機器内で使用される各磁性材料の特徴と注意点
3.磁性材料を変えた場合の連成シミュレーション評価
4.多相並列(インターリーブ)化させた変換器内磁気部品の小型化を達成する結合
     インダクタのシミュレーション評価
【16:40~】
1.名刺交換会
2017年1月23日
セミナー情報を更新しました
  2017年3月3日に行われるセミナー情報を追加しました。 「パワーエレクトロニクス回路と磁気回路の連成解析を可能とするシミュレーション技術の活用術」を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。
2017年1月1日
ホームページ更新しました
  新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年12月2日
セミナー情報を更新しました
  2017年1月20日に行われるセミナー情報を追加しました。 「高周波電力変換回路と高周波電圧・電流測定技術の実例」を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。